*

グルメ

たこ焼き器でアヒージョパーティーやってみた♪

GWは、あんまり外出しなかったので、夕飯くらいは楽しいものでとアヒージョに挑戦してみました。

スポンサーリンク

アヒージョ

レシピサイトでもよく目にするようになったアヒージョ。

アヒージョajillo)はスペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。
日本では、「アヒージョ」と表記するが、正しくは「アル アヒージョ」であり、海老を使用する場合は「ガンバス アル アヒージョ」となる。
素材は魚介類を中心に海老、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットやチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある。
出典 : Wikipedia

んー要するにオリーブオイルをニンニクで風味をつけて具材を煮込むようにすればイイんだな。
娘が土産で買ってきてくれたオリーブオイルがあったので、早速チャレンジ。

まずは、たこ焼き器を準備する

レシピサイトで掲載されていた「たこ焼き器」を使用。
これだと、卓上で好きな具材をアツアツの状態で食べれるもんね。
パーティー形式で楽しいし。

具材は

豚肉、鶏肉、ベーコン、ホタテ、えび、じゃがいも、長芋、ピーマン、ミニトマト、エリンギ、ニンジンを準備。
一口サイズにカットしておきましょう。

早速作りましょう

「揚げる」のでなく「煮込む」とのことなので、オリーブオイルを注いで、ニンニクチップと塩少々を投入。今回は鷹の爪は無し。
具材も一緒に投入したところで、たこ焼き器のスイッチオン!

しばらくするとグツグツと煮込まれてきます。

この時点でイイ香りです。

具材に火が通ったら食べる!

豚肉。意外と美味い。

ベーコン。すぐに火が通ります。

えび。オリーブオイルに合いますな。

じゃがいも。ホクホクで美味しい。

ニンジン。こちらもホクホク♪甘くて美味しいです。

写真はありませんが、長芋が美味かった。
周りはサクサク、中はホクホク。

最高に美味いと感じたのがミニトマト。
やはりトマトとオリーブオイルは相性ぴったり。中の汁が熱いのでヤケド注意。

残ったオリーブオイルは他の料理に

残ったオリーブオイルは、煮込んだ際の旨味がたっぷり。捨てずに他の料理で使いましょう。

今回は、ペペロンチーノ風パスタを作ってみました。
残ったオリーブオイルに鷹の爪を入れて、ベーコンを軽く炒める。茹でたパスタを絡めて、塩で調整。

いろんな食材の旨味が効いて、ワシでも美味いパスタが作れます。

今回の反省

以前の卓上天ぷらパーティーに比べて部屋は油臭くなりませんでした。オリーブオイル最強!

卓上天ぷらパーティーやってみた。
家族4人揃うと食卓も楽しくなるもので、更に楽しんでみたくなる悪いクセが。
以前からやってみたかった「卓上天ぷら」を実行に移しました(笑)&

ただし、使用した「たこ焼き器」は温度調整が出来ないタイプ。スイッチを入れたり切ったりで・・・。
可能であれば、温度調整ができるタイプを使用しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-グルメ
-,