M'sのあれこれ。グルメやらバスケやらデザインやら。

富山のグルメを中心にバスケやらデザインやら。

飼い猫が水を飲まない…。ピュアクリスタルクリアフローで解決しよう!

先日、飼い猫の「こばん」が去勢手術を受けました。その際の血液検査で、お医者さんから「脱水症状気味なので、お水を飲ませるように。」と指摘された…。
たしかに、あんまり水飲まないんだよねぇ。なんとかしないと病気になっちゃう…。ということで解決方法を探ることにしました。

「動く水」が好きかも?水が循環する水飲み器を探す!

「こばん」さんは、ワシが朝シャンする時に必ず風呂場に付いてくる。「早くシャワーちょーだい。」とおねだりしてシャワーから出るお湯を飲んでおります。
しかし、器に入れた水は飲んでくれない…。
それでは「お湯」が好きなのかも?とぬるま湯に変えても飲んでくれない…。

アバター
そうか!シャワーが好きなら動く水を試してみよう!

ということで、水が循環する水飲み器をネットで検索。シャワータイプのものもあれば、湧き水のように出てくるタイプもある。
こういった製品は、

タンク内の水を循環させ、中にあるフィルターで食べかすやホコリ・毛などを濾過

ということで、綺麗な水を飲ませてあげることができるんですな。

ピュアクリスタル クリアフローを選びました。

スマホで給水器の制御・水質管理ができる」ものや「近づくとセンサーで感知して動き出す」といった色々な製品を見ましたが、意外と高価…。
いざ買ったは良いが全然使ってくれない…なんてリスクを回避するために、比較的安価なものを選ぶことに。
飲み口の高さを考えて「ピュアクリスタル クリアフロー」を選択。

シンプルな部品構成で組み立ても簡単でした。

部品構成はいたってシンプル。
左上の白い部品は、水受けの部分。右上はフィルターですな。電源コードがあって、その下が水中ポンプ。ピンク色の部品は白い部品に被せて中央の穴から水が湧き出る仕組み。
ビニールに入っているものは、水受けとピンクの部品を合わせる部分に差し込んで使います。水中ポンブに装着する部品も入ってます。
右端に写っているのは「こばん」のお尻。部品ではありません(笑)
いつもは説明書なんて読まずに組み立てますが、壊しちゃうとダメなので組立説明書を読みながら組立。

白い水受けの部品に、樹脂製の部品を3つ装着。
次は水中ポンプを用意しましょう。
こんな部品が入っているので、水中ポンプの水が吹き出す部分に差し込みます。
こんな感じで。差し込む向きがあるので、説明書をよく読んで正しく装着しましょう。
白い水受けの中に水中ポンプを付ける3つのマークがあります。
水中ポンプの裏側は吸盤が3つ付いているので、このマークに合わせて吸着させましょう。
水中ポンプから出ている電源コードは、この穴に通して、
 
この様にセッティング。
次はフィルターのセッティング。
本体に装着する前に、洗面器などに水を入れ軽くゆすいでおきます。フィルターの中の細かい脱臭炭カスを洗うんですな。
軽く洗ったら、本体に装着。装着する向き(表裏)があるので注意です。
 
ピンクの部品は、中央の穴とポンプの吹き出し口が合うように装着。
後は水を入れて、電源コードを接続すれば完成です!

想像以上に水を飲むようになりました!

さて飲んでくれるかな…。と心配でしたが、なんと!メチャメチャ飲んでくれるではありませんか!
これでお医者さんに指摘されていた「脱水症状気味」の心配はいらないかな。

ピュアクリスタル クリアフローを使用した感想

意外と静かです。
「ウーン」と音が鳴っていますが、気にならないレベルの音。猫さんたちも全く気にしてません。

見た目には綺麗な水が循環しています。
従来の器では、食べかすや毛が浮いていたりしていましたが、クリアフローでは常に綺麗な状態が保たれています。(見た目では)

メチャメチャ水を飲むようになりました。
従来の器に入れておくだけの水では、ほとんど水量が減っていませんでしたが、一日に何回も補充しないといけないくらい飲んでくれるようになりました。

基本的には24時間稼働させています。掃除は1週間に1回程度ざぁーっと水洗い。
フィルターは1ヶ月程度使用可能みたいですが、「こばん」さんと「だいず」ちゃんの2匹が使っているので、汚れ具合を見ながら交換しようと思います。

アバター
予想以上に良い買い物でした。

いろいろあります。ペット用水飲み器

今回購入した「ピュアクリスタル クリアフロー」ですが、他にもスマホで水質管理ができるものやペットが近づいた時に動き出すものもあります。
ペットに合った水飲み器を探してみましょう。

コメントどうぞ。

*

Facebookでコメントどうぞ。

Return Top